車の免許を18歳のときに取りました

18歳のときに、私は車の免許を取りました。

 免許を取ると親が軽の中古車を買ってくれたので、それに初心者マークをつけてさっそく運転をしました。

 ただ、そのとき公道を自分の運転で実際に車を走らせる大変さを知りました。

 自動車学校の仮免や実地試験で公道を走ってはいましたが、助手席で教官が見守っているのといないのとではまったく気分が違いました。

 まず慌てたのが、坂道での信号待ちです。

 そのとき乗っていた車はマニュアル車で、信号が青になったとき坂道発進をしなければなりませんでした。

 坂道発進は失敗すればエンストしますから、クラッチの操作はとてもヒヤヒヤしました。

 ですが、どうすれば良いのかが体に染みついていましたら、何とか上手く坂道発進を成功させることができました。

 その後、とあるデパートへと向かったのですが、ここでも問題にぶち当たりました。

 それは、車と車の間に駐車する車庫入れです。

 そのデパートはいつも空いているので余裕をもって駐車できるだろうと思っていたのですが、その日はたまたまセールが開催されていて駐車場はほぼ満杯でした。

 ですので、1台空くのを待ってから駐車をしなければならず、そのスペースは1台分しかありませんでした。

 初心者マークで他の車にぶつけてしまったらとても恥ずかしいですし、いきなり事故対応するのは絶対避けたかったので時間をかけて丁寧に車庫入れをしました。

 車に乗りたてのころは運転の1つ1つが山場で、本当に大変だったことをよく覚えています。